また余計なことを・・・

アラサ―こじらせグラビア女優が、30代をどう楽しく生きるか探究して行くブログ

【スポンサーリンク】

一人暮らしの女性が寂しい夜をなんとか乗り越える6つの方法

 

こんにちは。

こじらせグラビア女優石川優実

石川優実 (@ishikawa_yumi) | Twitterです。

 

 

さて、一人暮らしのアラサ―女子の皆様。

予定がない日の夜、どう過ごしていますか?

私は寂しくて、バイトが終わった後もなかなかまっすぐ家に帰れません。

そしてお酒に逃げる・・・

ひとりで飲みに行ける呑み屋さんあるもんね。

 

しかし、それも毎日とはいかない。

呑むと止まらないから呑みすぎて次の日体調不良。

お金だって毎日外食してたらばかになりません。

 

今日は、そんな寂しい夜、不安に押しつぶされそうなアラサ―女子に最適な時間のつぶし方をお伝えします。

私はこんなふうになんとか夜を乗り越えてるよ!!

 

それでは行ってみましょう。

 目次

 

一人暮らしの女性が寂しい夜を乗り越える6つの方法

Huluなどのサービスに登録してドラマを見まくる

これは王道かもしれませんねー。

私はかれこれ3年くらいHuluユーザーです。

なんと言ってもタイトルの数が半端ねえ。レンタルビデオ屋さんとか行かなくなっちゃいましたもん。

私は何か月もかけて今SexAndTheCityを見返している最中です。

 

そのサービスにしかない配信限定の作品なんかもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

過去にはまったドラマやアニメなんかがあると止まらなくなって、仕事が終わった後もまっすぐ家に帰りたくなりますよ。

 

 

子どものころ好きだったことに手を出してみる

 

 f:id:y-i-epicday-1-1:20171009174723j:image

 

 これは人それぞれだと思うのですが、なんか最近ふと

「私って昔漫画の絵を書くの好きだったような・・・」

と思い、わーーーーっと書いてみました。

最近激しくマイブームのポプテピピック

 

ちなみに石川は写真集を二冊出しているのですが、どちらもこのポプテピピックと同じ竹書房様から出版させていただきました。

だから竹書房ゥァア"ーッとか言えない…

 

 

 

普段片想い中の彼のことで頭がいっぱいな石川ですが、これ描いているときは不思議とそこから離れ、夢中になって描いていました。

他にも自分の場合は、ピアノを弾く、一輪車をする、習字を書く、百人一首などが思い浮かびました。

皆様も昔自分は何が好きだったか?

もう一度振り返ってみるのも楽しいんじゃないでしょうか。

 

ちょっと凝った料理に挑戦してみる

私は普段すぐに近所の常連の焼き鳥屋さんに呑みにいってしまうので、あまり夜ご飯を家で作らないのですが、一時期ははまって毎日作っておりました。

で、ちょっとめんどくさいもののほうがじゃっかんやる気が出るというか。笑

 

特に外食って、食べるときに罪悪感でいっぱいになるもの、多いじゃないですか。

揚げ物とか・・・

炭水化物とか・・・

 

居酒屋呑み屋ももっと野菜とか良質なたんぱく質とか作ってくれっ

罪悪感なく食べれるもの、ほしいじゃないですか。

となると、当然だけど自分で作っちゃえば自分の取りたい栄養が入ったものが作れるんだよなー。

 

私はワインが好きなので、チェーン店のよくある美味しくないグラスワインを飲むよりも、スーパーとかでちょっとだけいい赤ワインを買ってきて(1000円ちょいくらいの)

おうちで美味しいチーズとか野菜のちょっとしたおつまみとか食べながらぐだぐだするのが楽しいなー。

って思ってます。

 

外食に慣れてる方はめんどくさいかもしれませんが、慣れちゃえば結構いけるものです。

と言いつつ、私も楽な外食のほうにいっちゃいがちなんですけどね・・・

自分が心から楽しむためにもしっかり実行していこうと思います!!

 

湯船に浸かる習慣をつける

一人暮らしの皆さん、湯船入ってますか?

実家じゃないと、シャワーだけ・・・

って方、少なくないと思います。

お酒飲んで帰っちゃうとどうしても浸かれないですしね。

 

けれどアラサ―女子の皆様。

もう身体冷やしてる場合じゃないんですよ私たち。

男性に触られて「つめたっ」って言われて、

「末端冷え症なの~」

とか言ってる場合ではありません!

冷えは女性の最大の敵です。

それが湯船に浸かる習慣をつけるだけでだいぶ変わります。

 

入る習慣がついてしまえばバスタイムはあなたにとってとっても至福の時間となること間違いなし!

バスソルトにこだわってみたり、プラネタリウムみたいなのやってみちゃったり、音楽流しながら優雅な気分で湯船に浸かってみたり・・・

私は湯船に浸かりたいがためにお酒を控えたりもしてます。

いい節酒の方法でもあるかも。(出たらソッコー飲むけどな!!)

 

バスソルトはやっぱりクナイプが好きだなー。特にザクロ。

 

クナイプ・ジャパン クナイプ バスソルト ザクロの香り 600g

クナイプ・ジャパン クナイプ バスソルト ザクロの香り 600g

 

 

瞑想をする(マインドフルネス)

 

私は瞑想を習慣にしていますが、瞑想ってけっこー難しいんですよねー。

特に変に完璧主義というか、ゼロか100か!みたいな人だとちょっと集中力が途切れると「これじゃだめだ・・・」ってなっちゃったり。

 

しかし本当はそんな自分もいいのです。

色んな思考が頭を占領しようとしてきても、

気付いてあげるだけで良いのです。

そして、気付くたびに自分の呼吸に戻ってくる。

 

それを繰り返しているうちに、なんとなく頭がすっきりする時間ができてきたな・・・

ってなってます。

かなり集中力のない私でもなんとか続いているので、絶対皆様にもできるはず!!

 

少しの時間で良いので、続けることが大切です。

3分とか5分でも。

こうやって自分と向き合う時間を少しでも作ってあげることによって、日々に余裕が生まれるのではないでしょうか。

 

大人の塗り絵

これは絵を描くと似てるかもしれませんが、大変流行っていますね。

瞑想と同じような効果があるそうです。

日々家事や育児に追われる私の親友も、子どもや旦那が眠った後ひとりで塗り絵をする時間をとても楽しみに生活していました。

 

無心になれるのが良いのでしょうね。

あれこれ考えすぎる必要もなく、心のままに色を入れていくのがいいと思います。

正解がないですからね。

どこにどんな色使ってもオッケー!!

 

この歳になって塗り絵をすると、そんな本来正解なんてなくて何事も自由なんだということを思い出させてくれます。

それに純粋に絵が可愛いよね。

自律神経を整えるぬり絵

自律神経を整えるぬり絵

 

 

 

一人暮らしの女性が寂しい夜をなんとか乗り越える6つの方法まとめ

いかがでしたか?

どれもそんなにお金のかかるものではないので、気軽に始めれるかと思います。

ほんの少しの行動で日々の生活を豊かにすることができます。

 一度試してみて、ぜひ自分に合った一人の夜の過ごし方、探してみてください。