また余計なことを・・・

アラサ―こじらせグラビア女優が、30代をどう楽しく生きるか探究して行くブログ

私が結婚をしたかった本当の理由。

こんばんは。
アラサーこじらせグラビア女優の石川優実@ishikawa_yumi)です。

f:id:y-i-epicday-1-1:20171203181914j:image

本日は、以前にも一度書きました結婚について。

30歳になって、結婚に対する価値観が変わった話。 - また余計なことを・・・

改めてまた思うことがあったので、記事にしたいと思います。

結婚をしたかった本当の理由

私は、結婚をすれば幸せになれるんじゃないか、安心感に包まれて生きていけるんじゃないか。という理想をずっと持っていました。
結婚して、子どもを産んで、幸せな家庭を作る。
それが人生の完成形じゃないのか。

結婚したい人から振られました

f:id:y-i-epicday-1-1:20171203181949j:image

先日、ちょっとお付き合いのあった男性に振られる、という出来事があったのですが、私はこの彼と、結婚できたら良いなぁーと考えたこともありました。

というか、そもそも好きになった人と結婚を離して考えることができない性格なので、好きになってしまったら当たり前のように結婚したい、という欲が出てくるのです。

で、今回振られたに当たって、なぜ私はこんなに結婚したいと強く思っていたのか。
前回ブログに書いた時は、安心を得たい、というところまでは辿り着いたのですが、そもそも安心って何だろう?
私は一体、どんな安心を求めているのだろう?
それを深く考えてみました。

結婚をすれば相手を縛れるという幻想

私は、結婚によって相手を縛りたいだけでした。
もっと言えば、お付き合いをしたいと思う気持ちも同じ、相手を縛りたいというものでした。

この人といると楽しいから、幸せだから。
その気持ちよりも、
この人がずっと私のことを好きでいてくれる保証が欲しいから。
私の元から絶対に離れていかない約束をして欲しいから。
この人を、私のものとして所有したいから。

そちらの気持ちの方が遥かに強いことに気が付きました。

しかし、そんな気持ちで付き合っても、少しも安心はできません。

当たり前です。だって、人を縛ることなんてできないのだから。
誰かを所有することなんて、できるわけがないのだから。
付き合ったって結婚したって、人の気持ちを確実に縛り、自分のものとして所有することなんてできるわけがないのだから。 

そんな、ちょっと考えれば分かるような当たり前のことをすっかり忘れていました。
生きてくる中で色んな恋愛をして別れを繰り返して、なんかの安っぽい歌詞っぽく言いますと要は「傷付くのが怖くなってしまって」傷付かなくて済む方法ばかりを探し求めていたのだと思います。

結婚しちゃえば、別れるにしても手続きをたくさん踏まなきゃいけないから、そんな簡単に別れられないでしょ。
子ども作っちゃえば、簡単に別れられないでしょ。

そんな気持ちが根底にあったのです。

自分の存在に自信がない

付き合う前は、付き合うという形さえ手に入れれば安心できるものだと思っていました。
が、付き合う前よりも付き合ってからの方がむしろ不安で仕方がありませんでした。

理由は色々あるのでしょうが、一番根本的な原因は結局自分に自信がないことでしょうか。
付き合うという形になっても、相手が自分と付き合ってくれている理由が全然分からない。
だから、少しラインの返信がないだけでもう振られるんじゃないかと不安で仕方なくなってしまう。
いずれ、他に好きな人ができていなくなってしまうんじゃないかと常に不安。
他の女性よりも自分を特別に思ってくれている自信が全くない。

なので少しでも不安要素が出てくると、大切にしてくれていない。
と、信じて疑わない状態に。

とてもたくさん、優しくしてくれているのに。受け取れない。
大切にしてくれていないと思うところだけを責めて、優しくしてくれていることについて感謝ができない。
付き合っているのに、そんな状況にずっと陥っていたのです。

結婚したところで私のものにならないぞ?

付き合ったところで、結婚したところで、子どもができたところで。
人の気持ちはいつどんなふうに変わるか、分かりません。
どれだけ誓い合っても、絶対なんて絶対にありません。

相手だけじゃなく、私も。

だったら、私が結婚したい、付き合いたいって思っていた理由は無くなりました。

これによって心がとっても楽になったのです。
結婚できない、彼氏ができない女の負け惜しみなのかもしれません。

しかし、付き合ってても結婚してても、付き合ってなくても結婚してなくても、私の願いって叶うわけがないんだ。彼が私のものになるわけがないんだ。

だったら無理に結婚結婚!!って言わなくてもいいや。
結婚したい理由が、この人と結婚したら楽しそうだな、になった時にできたらいいな。

そんな心の解放が訪れました。

 

付き合っていた時より幸せを感じられるようになった

f:id:y-i-epicday-1-1:20171203182027j:image

そうなってから、付き合ってはいませんがたまに一緒に時間を過ごしています。
前の私は、付き合っていないのに遊ぶなんて、その人のことをずっと忘れられないまま引きずってしまうし、そんな中でむこうに彼女ができたとか言われたらショックすぎるし、ということでなんとか連絡を断って忘れて次の好きな人を作って、ってしたいんだけどやっぱり好きだから会っちゃう、そして後悔。という行動に出ていました。

けれどとりあえず、先のことは先のわたしに任せよう、という考えに変わりました。
今私はこの人のことが好きで、今私はこの人と一緒に過ごす時間を大切にしたい。
むこうに彼女や結婚相手ができた時は、その時またいっぱい悲しもう。

そもそも、付き合っていたって結婚していたって、相手に好きな人ができてしまう時はあります。どこにもそうならない保証なんてないのです。
だから、傷付いても良いから、怖いけど、傷付いても良いから、今の自分の本当の気持ちを大切にしよう。
そんなふうに自然に思えました。

行動だけ見たら、ただのキープされている都合のいい女と同じだと思います。(私が昔からしてきたパターンと一緒。)
けれど、私の心は今、昔からこのパターンを繰り返してきた時よりも、付き合っていた時よりも、幸せで満たされています。
いつものような、
「私この人のこといつまで好きでいなきゃいけないんだろう」
「突然彼女ができたらどうしよう」
という不安はあまり出てこなくなりました。たまに少しは思うけどね。

けれど、付き合っているわけじゃないので、少しのことがとても幸せに感じられます。
少し遠出する時に、あまり時間がないのに付いてきてくれたり。
彼の好きなご飯屋さんに連れて行ってくれたり。
道で歩道側に回ってくれたり。
イルミネーションを一緒に見に行ってくれたり。
外で手を繋いでくれたり。

付き合っている時は、全然感謝ができなかった。
けれど、今はこんなに幸せに思える。
こんなに満たされているのは生まれて初めてかもしれません。

いつも何か足りない足りない、と思って生きてきたから。
人から見て、遊ばれている、都合のいい女にされている、と言われても別に気にならなくなりました。

だって、私が、私自身がこんなに幸せを感じられているんだから。
十分です。

私が結婚をしたかった本当の理由。まとめ

今、結婚がしたくて苦しんでいる人はいるでしょうか。
そういう人は一度、自分が一体なぜ結婚をしたいと思っているのか、じっくり考えてみることをオススメします。

自分でも全く思いもしないような気持ちに気付くことができるかもしれません。

30歳とかになると、本当に焦るようなことも多くなってくると思います。
けれど、結婚をしてもしなくても、幸せであることはできるのです。

今回のことがあって、私はもしかしたら結婚しずに一生を終えるかもしれないなー、と思いました。それを心から実感しました。
だし、それもまたいいかもしれないなーとも思いました。

なのでとりあえずやっぱり老後のためにお金を稼げるようになりたいな。笑